育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いとは

育毛に適したシャンプーとは

シャンプーはどれも効果は同じではありません。髪の毛が薄くなってきている方にとって、使うもので薄毛の改善に大きく違いが出てきます。普通のシャンプーと最近注目されている育毛シャンプーの特徴を知れば、どちらが頭皮と髪に優しく育毛を促すかが分かります。毎日使うものですので、抜け毛を予防して髪の育毛環境を整えるシャンプーを選ぶことが大切です。

普通のシャンプーの特徴

一般的に使われている普通のシャンプーの多くが、髪の洗浄を優先して作られています。汚れや皮脂を徹底的に落とすように強力な洗浄成分が含まれています。高級アルコール系シャンプーや石油系シャンプーといわれているものが洗浄力が強いものです。洗浄力が強いほど肌に刺激を与え、皮脂を必要以上に洗い流してしまい頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

育毛に適したアミノ酸系のシャンプーの特徴

育毛シャンプーといわれるものは、アミノ酸系シャンプーになります。髪の毛は18種類ものアミノ酸が結合したケラチンというタンパク質から構成されています。ケラチンは皮膚も構成している成分ですので、頭皮にも優しく過剰な刺激を与えないことで抜け毛を抑えることができます。またアミノ酸は頭皮と髪の毛の栄養分になりますので育毛に適しています。

刺激が少ない石油系シャンプーとは

刺激が少ないといわれる脂肪酸カリウムや、脂肪酸ナトリウムなどの石鹸成分が配合された石油系シャンプーがあります。頭皮への刺激が少ないですが、洗浄力が強い野が特徴です。このシャンプーには育毛シャンプーに含まれているような、髪に良い成分は配合されていません。皮脂が多く分泌しやすい脂性タイプの方には向いているものとなっています。

育毛シャンプーは明らかに成分に違いがある

育毛シャンプーには、普通のシャンプーにはない育毛に適した成分が配合されています。一般的に多く販売されているシャンプーは、洗浄力が強いため頭皮や髪の毛に刺激が強く抜け毛の原因になります。育毛シャンプーには、頭皮と髪の毛に優しく栄養分となるアミノ酸が含まれています。ですので薄毛に悩む方にはアミノ酸系のシャンプーが適しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ